茶通ちゃつう

茶通抹茶味の薄皮と漉し餡の組み合わせが美味しい、素朴な焼き饅頭です。(調理時間:約1時間)

材料(10個分)
小麦粉80 g + 余分量
重曹 または ベーキングパウダー小さじ 1/2
抹茶小さじ 1
卵白1個分
砂糖50 g
濃し餡300 g
煎茶(飾り用)適量

手順

  1. 小麦粉、ベーキングパウダー、抹茶を合わせて2回ふるっておきます。
  2. 泡立て器で卵白を軽く泡立てて、さらに砂糖を混ぜ合わせ、つのが立たない柔らかいメレンゲにします。
  3. 1を2に入れてこねないようにさっくりと混ぜ合わせます。粉気がなくなったら濡れ布巾を掛けて30分間寝かせます。生地が固いときは水を加えて下さい。
  4. ホットプレートに薄く油を引いて、150度F(約65度C)に温めておきます。
  5. 餡を10等分にして丸めておきます。
  6. バットに余分の小麦粉を敷いてその上に3の生地をあけます。手にも小麦粉を付けて生地に小麦粉を軽く揉み込んで、耳たぶよりやや柔らかいぐらいにします。生地を10等分にして、蒸し饅頭と同じ要領で5の餡玉をそれぞれ包みます。
  7. ホットプレートに煎茶の葉を並べてその上に6の饅頭を置き、へらで軽く押さえつけて2cmぐらいの高さにします。ホットプレートの温度を320度F(約160度C)に上げて両面をじっくり焼きます。両面に茶色の焼き色が付いて、側面が柔らかくてもべとべとしなくなれば、できあがりです。

メモ&アレンジ

参考文献

  1. UIUC日本館で行われた和菓子作りでの茶通のレシピ(2003年秋)。
上へ戻る
SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO